通信制大学のメリット

学費が安いため留年をしても経済的なダメージが少ない

通信制大学は、学部やカリキュラム、取得可能な資格などによりますが、授業料をはじめとした学費が安く設定されているところが多く、仕事や家事の都合で留年をする場合でも費用の負担が少ないという利点があります。特に、自宅学習やレポート提出だけで単位取得ができるところや、スクーリングの出席が義務付けられていないところに入学をすることで、卒業までの出費を最小限に抑えることが可能です。最近では、取得した単位の数によって年間の学費が決まる明朗会計のシステムを導入している通信制大学が目立ちます。そうした中、なるべく学費が安い通信制大学を優先的に探したい場合は、卒業生の数が多い大学の願書や在学生の口コミを参考にしたりすることがおすすめです。

仕事の合間に実務で役立つ資格を取得することができる

社会人の間で人気がある通信制大学の中には、仕事の合間に福祉やIT、建築などの実務で役立つ資格を取得できるところが少なくありません。こうした大学で学ぶことで、就職活動やスキルアップなど様々な場面で役立つため、積極的に自分に必要な資格について調べてみると良いでしょう。一般的に、難易度が高い資格を取得するには、通信制大学に入学をする場合でも、年間の学費が高くなったり、定期的に実習やスクーリングの参加が必要となったりすることがあります。そこで、日ごろから多忙な生活を過ごしている人は、仕事と学業の両立が図りやすい通信制大学を見極めるため、興味がある大学の入学相談会やオープンキャンパスなどに足を運ぶことが大切です。

通信の大学には通学日数が少ない、入試がないなどの特徴があります。高校卒業資格があれば、ほどんどの学校で入学が可能です。