建築士受験を目指す

学習支援のシステムが整っている建築学科を探してみよう

資格取得を目標として通信制大学に入学をする人の数は年々増加していますが、特に建築士受験を希望する人は、卒業まで充実した学習上のサポートを受けられる建築学科を探すことがおすすめです。過去に数学や物理などを専門的に学んだことがない人や、建築や不動産とは関係がない職業に就いている人は、受験に合格できる学力を身につけるまでに時間が掛かることがあります。そこで、在学中に効率良く試験対策を行ううえで、自宅学習だけでなく実習形式の授業やスクーリングなどのカリキュラムが組まれている通信制大学を入学先の候補に選びましょう。なお、自分に合った入学先を見極めるうえで、実際に卒業と同時に建築士の資格を取得した人の体験談を参考にするのも良いでしょう。

優秀な理系分野の指導教員が揃っている大学がおすすめ

建築士の国家試験の難易度は高く、合格までに何度も受験を繰り返す人も少なくありません。そうした中、通信制大学での学習を通じて、建築の基礎から応用までしっかりとマスターしたい場合は、優秀な理系分野の指導教員が揃っている大学を見つけることがポイントです。大学によっては、質問シートやSNS、電話など様々な手段で指導教員とコミュニケーションが取れるところもあり、建築士の試験に自信がない人も、効果的に受験勉強に励むことができるようになっています。その他、建築士の試験に出題されやすい箇所や、毎年の試験問題の傾向については、素人にとって把握しにくいこともあるため、その都度指導教員にアドバイスをもらうことが大切です。

英語の教員免許を通信で取得しようと目指す方は多いです。単位を修得さえすれば発行される免許状になりますので簡単です。