ファイナンシャルプランナーを目指す

働きながら資格を取得できる通信制大学

通信制大学はスクーリングや提出物、定期テストがあるなど働きながら学ぶには大変な部分もあります。しかし学ぶ機会を自分で得られる場であるほか目標としている資格の取得ができる場でもあるのです。特に資産運用やライフプランニングをサポートをするファイナンシャルプランナーの資格は人気が高く資格もいくつかあります。例えば日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が認定するAFPやCFP、その他にも国家資格であるFP技能士があり、またカリキュラムを設けている通信制大学では卒業時に受験資格が取得できる場合もあります。各通信制大学が設けている学部やその特長などをしっかりと調べ、自分が目指している資格取得にあっているのか学校見学会などで相談してみることもおすすめです。

通信制大学でFP資格を目指す

通信制大学の中にはAFPや2級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)の取得を目指す、と目標を掲げている大学もあります。通信制大学の場合、自分が住んでいる場所と大学がある場所が離れていても毎日通学する訳ではないので選択肢の幅が広がります。スクーリング時には学校側が寮を用意していたり、安く泊まることができる宿泊施設を紹介してくれることもあります。またファイナンシャルプランナーの資格を目的としていても、それには様々な知識が必要です。通信制大学ではこのように税金や年金などのお金の基礎的な知識を学習することもできるのです。また社会保険や年金制度など人生に必要なお金の制度は常に変化をしているので、学び続けることの大切さを感じられる場でもあります。